心に関する公開講座『認知行動療法を活用した自分だけのストレス対処方法を立案してみよう』参加者募集

本講座では認知行動療法の行動活性化を中心としたストレス対処の方法を紹介します。

ストレスに対処していくには、自分自身の考え方のクセを知り、自分に合った対処法を見つけることが

大切です。
本講座では自分自身のストレス解消法を見つけて、ご自宅で実践できるようなワークを中心に行います。

内容はとても簡単ですので誰でも参加可能です。

 

<長根屋内スケート場産学官スポーツ振興連携事業(八戸市委託事業)>

 

開催要項

【開催要項】心に関する公開講座『認知行動療法を活用した自分だけのストレス対処方法を立案してみよう』 (685KB)

日時

 令和4年2月5日(土)13:00~14:00

 ※新型コロナウイルスの感染状況により内容を変更または中止となる可能性がございますので予めご了承ください。

場所

 YSアリーナ八戸(1階 八戸学院サテライトキャンパス)

 (八戸市大字売市字輿遊下3 長根運動公園内)

 

対象

 高校生~何歳でも可能

 

参加費

 無料

 

定員

 15名 ※先着順

 

持ち物等

 鉛筆またはボールペン

 

申込方法

 下記の申込フォームからお申込みいただくか、参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX・E-mailでお申込みください。

 

<<参加申込フォーム>>

 

【参加申込書】心に関する公開講座『認知行動療法を活用した自分だけのストレス対処方法を立案してみよう』(685KB)

 

※新型コロナウイルスの感染状況により内容を変更または中止となる可能性がございますので予めご了承ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として当日は予め検温の上、体温が37度以上または体調不良の場合は、

 参加をご遠慮いただく場合がございます。

※会場内では換気を行う等を含めた新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を行います。

 ご来場の際は感染拡大防止対策としてマスク着用や手指消毒等のご協力をお願いいたします。

※お申し込みに際してご提供いただく個人情報は、本事業の確認、今後の八戸学院大学主催事業のご連絡のみに利用

 させていただきます。

※実施の様子を撮影し、記録・広報用(ホームページ、Facebook等)に使用させていただく場合がございますので、

 予めご了承ください。

 

申込締切

 令和4年1月28日(金)17時

 

講師

 木村 緑 講師(八戸学院大学 健康医療学部看護学科 准教授)

精神看護学を担当しています。精神看護学というと医療機関や福祉施設での看護をイメージする方も多いと思いますが予防や普及啓発活動も大事な看護であると考えております。
精神看護学を通して地域の方々の精神的健康に少しでもお役に立てればと思います。

お申し込み先(お問い合わせ先)

 八戸学院地域連携研究センター

  〒031-8588 青森県八戸市美保野13-98

  TEL:0178-25-2789 / FAX:0178-25-1968

  E-mail:research@hachinohe-u.ac.jp

 

主催

 八戸学院地域連携研究センター<長根屋内スケート場産学官スポーツ振興連携事業(八戸市委託事業)>