南部町と連携協力協定を締結

 2016(平成28)年3月23日(水)、八戸学院大学と八戸学院短期大学は、南部町と連携協力協定を締結しました。

 調印式には、南部町 工藤祐直町長、八戸学院大学 大谷真樹学長、八戸学院短期大学 外崎充子学長が出席。お互いの所有する資源を活用しながら、相互の理解と連携を円滑にし、地域の振興と相互の発展をめざしていくことを確認しました。

 

締結目的について

 大学、短大と南部町が包括的連携のもとそれぞれが保有する情報、ノウハウ等を用いて相互に協力し、地域人材の育成、地場産業の振興、地域住民の健康増進およびスポーツの振興による社会発展に貢献することを目的とします。

 

連携協力の主な内容

  1. 地域団体(NPO含む)と地域活性化の研究および実践
  2. 地域人材の育成および定住促進に関すること
  3. 農林業等地場産業の育成、振興に関すること
  4. 地域の健康増進・スポーツ振興に関すること
  5. その他必要と認めること

 

CIMG9628

 (左から)大谷学長・工藤町長・外崎学長